自動消火装置<Cabinex(キャビネックス)>

ドラフトチャンバー

自動消火装置 <Cabinex(キャビネックス)>
作動フロー

火災事例(ドラフトチャンバー)

  • 1配線ショートによる出火

    工場内の試験室の中に設置してあるドラフトチャンバーにて試料分析、ホットプレートの後ろ側から出火して機械設備が焼損した。出火原因はホットプレートの電源コード劣化による配線ショートであった。
  • 2過熱による出火

    ドラフトチャンバー内に組み込まれたバレルエッチング機のヒーター部分の過熱により出火焼損した。

メリット

  • 1火災ダメージを最小限に抑えられます

    火災による急激な温度上昇または出火時の炎を火災センサーが検知し、不活性ガス消火剤で瞬時に消火します。これにより機械設備の火災ダメージを最小限に抑えられます。
  • 2工程業務の早期再開が可能

    ドラフトチャンバーメーカー様による復旧後、すぐに実験・研究・工程を再開することができ、BCPの構築にお役に立ちます。
※自動消火装置(キャビネックス)は定期点検の実施により有効にシステムが機能致します。

説明動画

「ドラフト用消火装置の仕組み」